魂の在処


魂の在処 新曲アップですっ!

久々になっちゃいましたね。でもなんとかアップに漕ぎ着けました。
苦戦箇所は 全部です。

曲はなかなか進まないし、
動画は作る気力沸かないし。

今回は、動画作成のソフトを 思い切って FinalCutProX (体験版)に変更してみたんです。

楽ですね〜。しかも苦痛だった動画作りが少し楽しかった気でさえしてます。
iTunesカードが安くなったらMotion5と一緒に購入しようと決心してます。

今回のテーマ

さて、今回の曲ですが、『夢』と『挫折』からの『また夢を』というストーリーになってます。

なんか夢を持ちながら挫折して、でもそれでもなんとかまたやり始めて…っていう経験ある人なら
なんとなく共感してもらえるんじゃないでしょうか。

しかし相変わらず僕の作る歌詞は暗いですね(;・∀・)

あんま明るい歌詞は実感が持てなくって…。
根が暗いので。

ともかくアップできてよかったです。
もうちょっとコンスタントにしていけたらなぁと思ってます。

イザ修行ですね…(笑

最後に…

BEEKさん。
素敵な絵をありがとうございました。

画像提供:
BEEKさん ( http://www.pixiv.net/member.php?id=448776 )

でわでわ。

魂の在処:歌詞

すべてを捨て去りたくて
孤独が愛おしくなり、
ひとりで過ごしていたら、
孤独が冷たく見つめていた。

一人から逃げ出したくて、
街に縋り出てみたら、
虚ろな景色ばかりで、
僕の場所は無かった。

ヒトは裏切るばかりで、
偽善が街にあふれて、
キズつくのが怖くて、
生きる場所がどこにもない!

じゃあ、私が側にいるから、
思うがままに縋るといいわ。 
だけど、私を見つけないなら
すべて泡沫に変えてあげる。

あなたがもし歩みを止めるなら、
私があなたに手を伸ばすわ。
もしも、違う道を歩むなら、
私はいつまでも此処にいるわ。
永遠に…

少し外を見るようになり、
少し前に進みはじめた。
だけど、人の側にいても
孤独に涙していた。

生きるのが辛くなって、
死が優しさを向けていた。
僕の孤独な心を
優しく抱き込んだ。

流され生きてくうちに、
周りは遠く見えなく
鏡を見るとそこには、
腐り果てた僕が見つめ…

僕の側に来ておくれよ!
僕には君が必要なんだっ!
君が手を差し向けてくれたら、
きっと僕は強くなれるから。

どうして姿を見せてくれない?
君の顔が思い出せないよ。
僕を見捨てて離れたんだね、
こんな僕はクズ同然だからっ!
さよなら…

なぜこんなにも、
あの気持ちに憧れる?
諦められたら楽なのに、
「出来るわけない…」と思えた。

眠る、わずかな記憶を辿り
僕は 君のもとへ旅立つよ。
誰も認めてくれなくていい
君を僕のものにしたいから、

あんなに、怖くて避けていたのに
今は何も気にせず歩める。
君と共に此処に在ることが
唯一つの在処に思えた。

あなたが、私を見つけたのなら
あなたと共に在ると誓える。
わたしが魂の在処になり、
貴方はわたしの夢の在処ね。

君と共に、歩める明日にする為、
僕は自分を奮い立たすよ。
わたしは貴方と共に在るため、
貴方の旅路の光となる。
永遠に。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL